トレーディングカードゲーム専門店です Twitter→https://twitter.com/ck_yonago
菜園計画再始動…序章
2016年05月16日 (月) | 編集 |
約2年ぶりに、性懲りもなく菜園計画を再始動。

どうしてもトスカナブルーとスペアミントを諦めきれなかったわたくし。

あの阿鼻叫喚を再現されてはたまらないスタッフの「生のミント売ってるでしょ?いるだけ買ってあげるから!」という甘言には耳を貸さず。
忌まわしい記憶を呼び覚ます過去の菜園記事には一切目を通さず。
手持ちの本を読みあさり、それだけでは飽き足らず新たに何冊か買い足して、ひたすらイメトレ&お勉強。

今度こそ。
今度こそ食ってやる(違)。

ポテトと自家製ローズマリーのオーブン焼き。
大山産緑茶と自家製スペアミントのモロッコティー。

…行こう。
もうわたくしは虫など恐れない…たぶん。
しぶるスタッフもあの手この手で説得し「トスカナブルーの苗が見つかったらやってもいい」という許可も取り付け、意気揚々と苗&鉢を探し回りました。

そしてローズマリーの品種の1つ、トスカナブルーの苗をゲット。
無論スペアミントの苗も忘れずに購入。

(ローズマリー&ミントを)やってもいい」を「(菜園を)やってもいい」と都合よく解釈し、イタリアンパセリ・カーリーパセリの苗も購入。

いわゆる事後承諾ってやつですねv( ̄Д ̄)v

「こんなに買ってきたの!?」と目をむくスタッフを巻き込んで、早速植えつけ。

実は勢いづいて、当初の予定にはなかったパイナップルミントやコモンタイムの苗まで買い込んだのでした(^_^;)

ちなみに、ミントは非常に多くの品種があります。
ペパーミントにも、ブラックとホワイトがあったり。
フルーツ系の名がつくものにも、アップル・オレンジ・パイナップル・グレープフルーツと様々あります。
同種でも香りが違ったり、種類の特定が難しい植物だそう。

ベトナムやモロッコでは毎日の料理によく使われているそうですが、個人的には生葉を料理に使う事は今のところありません。
ミントやハッカの精油は必需品ですが、フレッシュの需要は現状見いだせていません。
…が。
これだけの種類があるとくすぐられるコレクター魂。
ちょっと珍しい品種を見つけると、思わず手を出しそうになり、つき合ってくれたスタッフに止められました(´・ω・`)

なので「これだけは絶対ほしかったんだよぅ!」と泣き落としで、ようやくパイナップルミントだけはゲットできました。
アップルミントの亜種ですが、クリーム色の斑入りで見た目がすごくかわいいんです♪


…そんなこんなで植えつけ終了。
たっぷり水をやって、並んだ鉢を眺めるのは大変によい気分(*≧∪≦)
半信半疑で巻き込まれたスタッフも「意外と楽しいね~」と上々の反応。

日照と風通しだけは気をつけようと、最初から屋外で育てる事にしたのですが。
いい感じに植えつけた翌日は、何と台風並みの強風雨(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

聞いてない!聞いてないよ!!!

今回は「世話を焼きすぎない」がモットーなので、最初は気にしないようにしてました。
スタッフに「ま~た気にしとる」と言われるのもシャクなので「植えつけ早々の試練か~。ガンバレよ~」などと軽口を叩いてごまかしていました。

そのうち、大粒の雨がガラスに叩きつけられる音がしてきたので、こりゃまずいと外を見ると…。

やばい。死ぬ。

一足先に外に出していたローリエの枝が折れそうな勢いで激しく左右に揺れ。
まして植えつけたばかりの苗たちは今にも吹っ飛びそう。

土が飛び散るほどだったので、慌てて鉢を避難させました。
レインポンチョをはためかせて鉢を抱え、右往左往しているのを笑いながら見ているスタッフ。

お前ら収穫しても絶対食わさんからなヽ(`Д´)ノ

その時はとりあえず事なきを得たのですが、それからも度々強い風に襲われ、大事なローズマリーは倒れたまま斜めに成長。
イタリアンパセリはしばらく元気がありませんでした。

まるでこれからの苦難の道を示唆しているかのような天の采配。

始めてすぐ全滅でもしたら情けないので、しばらく黙っていましたが。
何とか記事にできそうな状態なので、ちょこちょこ書いていけたらな~と思います。

「今回はいつまで続くのかしら♪」と生暖かい目で見守っていただけたら幸いです…。