トレーディングカードゲーム専門店です Twitter→https://twitter.com/ck_yonago
つぶあんvsこしあん
2013年09月09日 (月) | 編集 |
9月に入って、いきなり涼しくなりましたね♪
「どうせまた暑くなるんだろ(-_-;)」と思っていたら、嬉しい誤算♪
今年は秋がまともに堪能できそうです♪
嬉しすぎて音符が並んでおります♪

さて秋めいてくると、途端に温かいお茶が恋しくなります。
夏場は水出しで冷茶にしていた緑茶も、ぬるめで楽しみたくなります。
緑茶といえばお供は当然和菓子!
今は某コンビニの豆大福にはまっているのですが…。
同シリーズでおはぎもありますが、どちらもつぶあんこしあんの両方があります。
初めて見た時はちょっと興奮&感動しました。

ここここ、こしあんがあるっ……!!!
つぶあんか、こしあんか、選べる時代が来たなんて……!!!

豆大福を手に取る瞬間、脳内では高らかに第九が流れておりました。

今までは、市販の和菓子はほぼつぶあん
あんパンもつぶあんばかりで、こしあんは揚げたのにちょこっと使われているだけ。
いや、揚げあんパンも揚げあんドーナツも好きだけど!君らカロリー高すぎなんだよ(T_T)

そんなこしあん氷河期に終止符が打たれ、そしてついに時は来た!
今までのさばっていたつぶあんよ!覚悟するがよい!イヤ待て(-_-;)

つぶあんか、こしあんか…その対立は、特に家庭においてはチョコレート菓子をはるかに凌駕します。
※過去記事「きのこvsたけのこ」興味のある方はどうぞ♪
田舎では、あんは作るものだと思っているお年寄りが多いのですが。
うちの祖母も、前の晩から水に浸しておいた小豆を早起きして炊き上げていたようです。
あんこはね…作るのにかなり手間と時間がかかるのですよ(遠い目)。
しかもこしあんつぶあんを加工するため、更に手間と時間がかかるのですよ(遠い目)。
それを作りもしないこしあん派の祖父が、同じくこしあん派の孫可愛さに「あんはこしあんのみ!」と家長命令を下したものですから、いついかなる時でもこしあんでした。
あんこといえばこしあんと疑わず、平和だったあの頃。

長じて、あんの作り方を知った時は戦慄しました。
さ、3回ゆでこぼす!? ※小豆を水とともに火にかけ、沸騰したら煮汁を捨てる作業
いい、1時間以上弱火でゆでる!?
さらに、汁気がなくなるまで木ベラでまぜる!?
こしあんは、そこから更に裏ごしし、水にさらし、再度木ベラで煮詰めていきます。

ものは試しと作ってみましたが…木ベラでまぜるのがものっっすごく大変!
火を強めると焦げやすい上、皮が破れやすくなるので、とろ火で丁寧にやらなければなりません。という事は時間も当然かかるわけで。
ようやくつぶあんまでたどり着いた所で、孫、挫折。

その上、何かの折に祖母が実にさらりと「おばあちゃん、本当はつぶあんの方が好きなんよ」
またもや、孫、戦慄。
よくよく考えてみると、親族の中でもこしあん派は2名のみ。
多数派であるつぶあん派は、絶対家長の手前、表立って文句は言いませんでしたが、やはり不満だったようで、絶対領域であるおはぎを除き、柏餅やお正月のあん餅は、つぶあんこしあんの両方が作られていました。

…こ、……殺されるとこだった……!!!

何も知らずにこしあんを贅沢にぱくついていたツケなのか、市販品ではこしあん難民と化していました。
つぶあん派には「つぶあんこそ材料のよさが出る。味の分からんこしあん派め」と迫害されるし。
ああ、ありがとう、○ーソン!

ところが数日前、3~4軒探しても豆大福がないという事態がありまして。
は、廃番!? そ、そんな!?
恐れおののいていた所、何やら得意げな表情のスタッフが。
どさっと置かれたいくつもの袋の中は、全てこしあんの豆大福!!!
今は豆大福こしあんVer.長者となり、左団扇なティータイムを過ごしております♪

うちの人間関係が、この面子のわりにうまくいってるのは、こういうとこに理由があるのかもしれません(^^ゞ