トレーディングカードゲーム専門店です Twitter→https://twitter.com/ck_yonago
梅雨入り宣言…
2015年06月03日 (水) | 編集 |
中国・四国・近畿地方で梅雨入りしたそうです(´・ω・`)
この時季、通勤・通学は大変ですが、空梅雨も困るので仕方ありません。
特に自転車の方は色々と面倒ですが、ぜひ安全運転でお願いいたします♪

そういえば、6/1より悪質な自転車運転者に安全講習の受講を義務付ける改正道路交通法が施行されましたね。
・一時停止違反
・歩行者用道路での徐行違反
・ブレーキのない自転車運転
・携帯電話を使用しながら運転し、事故を起こした場合などの安全運転義務違反
等々、14項目が新たに危険行為と定められました。

14歳以上の自転車運転者が、これらの危険行為で3年以内に2回以上、刑事処分の対象となる「赤切符」を交付されるか、事故を起こして摘発された場合は、安全講習を受けなければならなくなります。
手数料は5700円で、受講命令に従わないと5万円以下の罰金だそうです。

当店に自転車でいらっしゃる方も多いのですが、スピードの出しすぎやスマホ片手の運転など、危険ですのでやめてくださいね!
中高生の頃は反射神経もよくて、大事に至る事は少ないかもしれませんが、すれ違うのは自分と同じ中高生ばかりではありません。
周囲にも気を配って、余裕を持った運転をお願いいたします(^^)/

自分も、旧店舗の頃は自転車通勤していたのですが、ある事がきっかけでやめてしまいました。
その日は、夕方から出勤したのですけれども。
歩行者と自転車だけが通る細道を普通に漕いでいたら、前方から自転車に乗った男子高校生の2人組が来ました。
彼らは道いっぱいに2台並んで、お喋りをしながら近づいてきました。

1台同士が余裕を持ってすれ違えるくらいの道幅なので、2人組のどちらかが後ろに下がって1列になってくれるものと思っていたのですが、彼らは少し間を詰めただけで、そのまま突っ込んできました。

こちらはスピードは緩めていたものの、降りて避けるスペースも時間もありません。

案の定、彼らとすれ違う時、真ん中にいた男子の自転車がこちらにぶつかりました。
ハンドル同士が衝突した感じでしたが、彼らはスピードは全く落としていなかったので、結構な衝撃でした。

自分は左側に跳ね飛ばされるような形になり、派手にこけてしまいました。
そんな中、ぶつかった方は一応停車して振り返ったものの、自転車にまたがったまま何も言いませんでした。
ぶつからなかった方は少し先で、「お前何やっとりゃあ」とにやにやしています。
そしてそのまま、2人ともさっさと行ってしまいました。

相手はもう行ってしまったし、救急車を呼ぶような大ケガも(たぶん)していない。
よろよろと立ち上がり、1人で自転車を起こしました。
ぶつかった右手が痛みましたが、薄暗いので傷の様子も分からず、たまたま携帯を持っていなかったのも災いして、怒りと不安でプチパニックになりながら、お店に向かいました。

お店に着いて明るい所で見てみると、右手の甲から手のひらにかけて、ハンドルやブレーキ部分でえぐられたらしく、結構深い傷が何か所もありました。
両手の甲には、紫色や青黒い打撲痕が数か所できていました。
手の痛みで気づいていなかったのですが、左ひざの辺りのデニム生地がすり切れて、ひざ上には打撲痕、ふくらはぎにすり傷が。
スタッフは手当てをしてくれながら「ジーンズ履いとってよかったよ。他のもんだったら大惨事だわ」と顔をしかめていました。

手の傷は断面がぐしゃぐしゃしていたので、治るのに時間がかかるかなと思いましたが、それよりも意外に打撲の方がやっかいでした。
数日はペンや包丁が持てず、かなり後までキーボードを叩くと痛みました。

それ以来、怖くなって、スタッフの勧めもあり、自転車通勤はやめました。
この件では幸い大したケガでもなく、自転車も少し傷ついた程度で済みました。
でも、ぶつかった彼らがこちらの心配もせず、さっさと行ってしまった事、そして周囲に誰もいなかった事で、「もし大事になっていても、誰にも助けてもらえず犯人は分からずじまい」そして「これからもその危険性はある」という事実に怖くなったのです。

実際、友人も自転車に乗った女子高生たちに鞄を引っかけられ、転倒しそうになった事があるそうです。
「謝りもせずにちゃらちゃらしているのが一番腹が立った」と言っていました。

中高生は、横に並んで走っている場合、誰かがスピードを落として後ろに下がるのを嫌う傾向にあるようです。
数人の高校生が自転車で歩道いっぱいに並び、老齢の女性が向こうから歩いてくるのが見えていながら、誰も譲ろうとせず、危険を感じたであろう女性の方が、近くの駐車場で彼らが行き過ぎるのを待っていたのを目撃した事もあります。

自分にも覚えがありますが、中高生の頃は自分(たち)が中心というか、基準になりがちです。
また他者に対する責任も重く考える事は少ないと思います。
大人にならないと実感は持てないものかもしれません。
ですが、未成年でも自転車で事故を起こし、加害者になる可能性は十分にあります。

地元でも、お年寄りが無灯火の高校生に衝突され、亡くなるという事件も過去にありました。

自転車は、被害者にも加害者にもなり得る乗り物であると自覚して、自分のためにも他人のためにも、余裕と思いやりを持って運転してください。

ずっと元気に来ていただきたいので、よろしくお願いいたします(*^-^*)