ポットハーブのその後<バジル成長編>

ひまだね
08 /17 2014
※こちらの記事をお読みの方は、先に<バジル植え替え編>をお読みいただく事をお勧めいたします♪

さてさて、すったもんだの末に無事植え替えたバジルでしたが…。

小さめのプランターに根つきで6本、プラコップ2個に根つきでそれぞれ1本、大きめの鉢に発根させた3本のバジルが、ハーブ棚に並びました。
バジルはお日様とお水が大好き。
なるべく陽にあて、水切れしないように気をつけました。
殆どのハーブが嫌う蒸し暑さは、あまり苦にならないようです。
風通しが大切なのは身をもって知ったので、1日30~40分程度、扇風機もあてました。

元々がひょろひょろなので、あまり期待はしていませんでしたが、それなりに新芽も出て、ちょこちょこまかないに使っていました。
「あ~バジルが育てやすいってホントだな~」などと、その時は思っていたのです。
…その時は(TдT)

バジルたちとの蜜月が続く中、その日は突然やってきたのでした。

それは、長雨が続いた後の事。
日照不足を心配したものの、バジルに目立った変化はありませんでした。

いつものように、ひと仕事終えてから、バジルの様子を見に行きました。
すると…。

白いプランターに、何やら蠢く黒い点が…。
「何だコバエか」
ただちに1匹を捕殺。
レベルアップした今では、コバエくらい屁でもないのですΨ(`∀´)Ψ

しかしその時、気づいてしまったのです。
コバエが1匹ではない事に!

プランターの内側の壁には、やつらが何匹もとまっていました。
その上目をこらすと、黒っぽい土の表面に、同化したやつらが蠢いていました。
そう…20匹はいたでしょうか…。

いぃぃえぇぇぇぇ!!!

あまりのおぞましさに、一瞬気が遠くなりかけました。
が!
丹精したバジルの葉に、我が物顔にとまっているヤツを見て、我に返りました。

…ぷちっ。 “o( ̄‐ ̄*)

きさまら、断じて生かしてはおかん!!!

ただちに臨戦態勢。
とりあえず素早く動く黒いのが見えなくなるまで、捕殺しました。
「こんだけ取ればまぁ一安心か?」
そしてまた仕事に戻りました。

その後。
2~3時間ほど経った頃、気になってのぞきに行きました。
すると…。

おぉぉぉお前ら!どっからわいた!!!

あの時ほど、「元の木阿弥」という言葉を実感した事はございませんヽ(`Д´)ノ
たったの数時間の間に、やつらは、元通りどころか、増えてさえいるように見えました。

そしてそこから、やつらとの長く苦しい戦いが始まったのです…。

コバエ用の誘引ポットをスタッフが買ってきてくれたのですが、これは全く役に立ちませんでした。
バルサミコ酢を使っているという商品でしたが、開封した途端、顔面を直撃する刺激臭。
「くっっさ!!!」
それでもにっくきやつらを何とかできるならと、プランターの側に置いてみたのですが。
バジルには何匹もまとわりついているというのに、誘引ポットには見向きもしません。

説明書をよく読んでみると、「観葉植物にたかるキノコバエには効かない事があります」
…ではお前らはキノコバエか!!!
数日置いてみましたが、1匹も取れていませんでした。
刺激臭に耐えられなくなり、即刻処分。

次に、口コミで効き目があるというハエ捕り棒を、手分けして近場で探しましたが、仕事が立て込んでいて、思うように時間が取れません。
ハエ捕り棒を入手するまでは、数時間ごとに捕殺するという、原始的で気が滅入る作業が延々と続きました。

そしてやっとゲットしたハエ捕り棒。
その実態は、毒々しい蛍光ピンクのストローに、強粘着液が塗布してあるという、これまた原始的で単純なものでした。
ただ粘着度はかなりのもので、うっかり触れてしまったスタッフは阿鼻叫喚。

これはイケる…!

白いプランターに緑のバジル♪という爽やかで牧歌的な風景が、どピンクのハエ捕り棒を4本挿す事で、一気に禍々しく様変わりしました。
こんなん違う!と思いながらも、やつらさえ根絶できるならそれでもよし。

最初はあまり捕れなかったのですが、徐々に捕らわれたやつらの数は増えていきました。
「これなら、捕殺しなくても大丈夫かな♪」

チャラララ~ラ~ラ~チャッチャラ~♪
上機嫌で水やりをしていると。

プランターだけにいた筈のやつらが、今度は鉢にもいたのです!
そしてプラコップのバジルにもたかるようになり。

ハエ捕り棒には数十匹のやつらがくっつき、地獄の様相を呈しています。
それなのに、やつらは一向に減りません。
いや、それどころかプランター以外に勢力を伸ばしているのです!

しまいには、仕事をしている顔や手元にまで遠征して来るようになりました。
食べ物には全くたからないのですが、水気のある場所が好きなようでした。
モニターに向かって集中している所へたかられるので、かなりのストレスヽ(`Д´#)ノ
スタッフは「鼻に入られた!」と騒いでいました(ヽ'ω`)

やつらとの戦いに疲れ果ててきた頃。
珍しくハーブ棚を見ていたスタッフが言いました。
「レモンバームにめっちゃたかっとるよ」
葉が繁っているため、やつらのお気に入りとなってしまったようでした。

終わ…った……。゜:(つд⊂):゜。

「…もう処分していい?」
その言葉に、頷くしかできませんでした…。

もうね!もうね!疲れたんです!
本には書いてない事ばっかりで!
「バジルにはコバエがたかりやすい」とか「有機たい肥を使用している土はコバエがわきやすい」とか、後で色々調べて分かったんです!
「室内で育てたら全く虫がわきません」って…あいつらは虫じゃないのか!

うわあぁぁぁん。・゜・(/Д`)・゜・。

レモンバームは処分、バジルは一応残したのですが…。
鉢の表土にアルコール綿を敷いたり、コバエ対策はやり尽くしましたが…。
やはり、やつらの圧倒的な繁殖力と生命力にはかなわず…鉢も処分しました…。

今は、ハエ捕り棒に守護されたプランターと、プラコップ2個、そして鉢から抜いてガラス瓶に挿したバジルが残っています。
あぁ心の支えはキミだけだよ、マイハニーパキラっち。゜(゚´Д`゚)゜。

でも、トマト&クリームチーズ&バジルのサラダは試す価値アリ、です♪
ミネストローネも、パセリじゃなくバジルを散らすと、やっぱり本格的です。

水耕栽培では、全然コバエはわかなかったけど成長しなかったしなぁ…。
最後の手段としては…畑…?

そして今も、やつらの残党と戦う日々…。
秋の店舗菜園は…限りなく未定……(´Д⊂

カードキングダム米子店

平日*14:00~20:00
土日祝*12:00~20:00
定休日*月・火曜日